瓜を破る

『瓜を破る』漫画 2巻のネタバレあらすじと感想!大切なものは無くして初めて気付くもの…。

『瓜を破る』漫画 2巻のネタバレあらすじと感想!大切なものは無くして初めて気付くもの…。

瓜を破る2巻ネタバレを紹介します!

バチバチしていた味園と辻の友情…心温まります。

真が部屋を出て行ってから3日。味園はモヤモヤしながら過ごしています。

会社に復帰した辻との関係は、変わらず最悪な状況ですが

実は入社当時、二人は誰よりも仲が良く…?!

その頃、偶然意気投合したまい子と鍵谷は食事に行くことになり…?!

※ネタバレを見たくない人は注意してください。

『瓜を破る』漫画 2巻のネタバレ!幸せそうな辻も実は悩みを抱えていて…?!

味園の反省

真が家を出て行ってから3日。

メールで連絡をする味園ですが、返信も既読にもなりません。

その頃、まい子は辻と染井とランチに来ていました。

話題は上司の新田が雰囲気が変わったことについて。

実は新田はバツ3で、昔はフェロモンがすごかったというのです。
そんな今とは想像もつかない新田を想像してもやもやするまい子。

これはめちゃくちゃ意外過ぎる!!(笑)人が変わりすぎ、というかもはや別人!!(笑)

帰宅した味園は真との今までについて振り返っていました。

そばにいるのが当たり前になり、ひどいことも平気で言うようになってしまっていた味園。

真がいなくなってしまった今、もうあの日常は戻ってこないかもしれないことに一人涙を流すのでした。

出勤しても覇気のない味園に辻が心配そうに声を掛けますが、
そんな辻を冷たくあしらいます。

そんな二人に新田は久々に3人でランチでもと誘いますが、
二人は断ってそれぞれお昼に出かけてしまいました。

ベンチで一人休憩している新田に、まい子たちが声をかけます。

あんなに仲が悪い味園と辻とランチなんて、
今までに本当に行ったことがあるのかと染井が尋ねると、

入社したての二人はとても仲良しだったと、新田は答えたのでした。

実は仲良し?!同族嫌悪的な感じだったのでしょうか?

味園と辻、二人のすれ違い

入社したての味園と辻は今の会社に風穴を開けてやろうと意気投合し仲良くなります。

企画会議でもてきぱきと自分の意見を述べる味園とは対称的に、
決して仕事ができるタイプではない様子の辻

そのことは辻自身がよくわかっていました。

だんだんと仕事へのやる気を失っていく辻。

ある日、彼氏にご飯を作らなきゃいけないからと、
忙しい時期にも関わらず定時で帰ろうとする辻を咎める味園。

仕事が人生の全てじゃない!!と言い、辻は帰ってしまいます。

必死で仕事をしてきたことを馬鹿にされたと感じた味園。

このことで二人の関係に深い亀裂が入ってしまうのでした。

その後、辻は結婚し寿退社。そして同じ頃、味園は真と合コンで知り合い、

真の優しい人柄に惹かれて二人は付き合い始めました。

ぎくしゃくしていた二人の関係は…?!

真が出て行ってから不眠になってしまった味園。

帰宅しながらも真とのことを考えながら歩いていると、
段差につまづいて転んでしまいます。

恥ずかしさと痛みで泣きそうになる味園に、たまたま通りかかった辻が声をかけ助けてくれました。

傷の手当てをしてくれる辻に彼氏が出て行ったことを話す味園。

内心は自分のことを仕事ばかりで彼氏に逃げられたダメな奴だと馬鹿にしているのではと辻に尋ねると、

そう思うのは味園自身が辻を馬鹿にしているからだと、辻は言います。

辻は味園や会社の同僚たちが辻のことをイタいやつだと思っていることに気が付いていました。

仕事ができる味園のことをうらやましく思っていた辻は、家庭を自分の居場所にすることにしたのですが

その家庭も今は旦那が浮気をし、子供は絶賛反抗期…と自分を必要とする世界ではなくなったというのでした。

ママ友には死んでも言えない話でも、味園には素直に打ち明けることができた辻。

そんな話を聞いて、自分は意固地になっていたと反省する味園。

真と意地を張らずに思っていることを話すべきだと辻に背中を押され、味園は辻に感謝するのでした。

二人とも素直になれてよかった…♪思いを口にするって簡単そうで実は難しいですよね。

まい子と鍵谷の再会

翌日、会社で普通に話す味園と辻の様子に
まい子をはじめ会社の同僚たちは驚きを隠せません。

まい子がランチから戻ると、プリンターの点検をする鍵谷の姿が!!

先日、ホテルに連れ込まれそうになったところを見られて、
気まずく思っているまい子でしたが、鍵谷は何のことかわかっていない様子。

鍵谷はあの時の女性=まい子だと認識していませんでした。

完全に藪から蛇で恥ずかしく思うまい子。

偶然、鍵谷のスマホに貼られていたゲームキャラのシールから話が盛り上がります。

次の仕事のため出なければならないという鍵谷に、まい子は今度一緒に食事にいきませんかと誘います。

女性からこんな風に誘われたことのない鍵谷は、断り方がわからずOKしてしまいます。

その頃、味園は真の会社に来ていました。
会社から出てきた真の同僚に、真はいるか尋ねると…。

予想の斜め上すぎる展開!!(笑)あのパッタイが伏線だったとは…。

まい子は鍵谷とメールで食事の日程について約束しています。

服のことや話題のことを考えながら、ふたりはお互いにすこしめんどくさくなってきました。

当日、おしゃれをして待ち合わせ場所で待っているまい子を見て少しドキッとする鍵谷。

お店へと向かいますが、この日は金曜日…。

予約していなかったためどこも満席で入れませんでした。

結局二人は近くのファーストフード店で食事をします。

落ち込むまい子の様子を見て、鍵谷はよく行くゲームセンターにまい子を誘いました。

そこには二人が仲良くなるきっかけになったゲーム機があると言い、
まい子はとても嬉しそうにいきたいと答えました。

ゲームセンターではその強さゆえにちょっとした有名人の鍵谷。
対戦相手達は鍵谷が彼女を連れてきたと驚いていました。

照れる鍵谷が可愛いのなんの(笑)

まい子の得意なゲームで対戦したり、

二人はいつのまにか閉店間際まで楽しんでいました。

駅に向かいながら、楽しかったデートのことを考える二人。

別れ際、サッと背中を向ける鍵谷の腕をまい子が掴んで…!?

『瓜を破る』漫画 2巻の感想!

大事な人がいなくなって初めて後悔する味園の気持ち、きっと誰しも共感できると思います。そばにいる人こそ大事にしなきゃいけないのに、甘えや慣れでついついキツイことを言ってしまったり突き放してしまったり。大事な人がそばにいるって当たり前じゃないんですよね~。気を付けよう…。

そして鍵谷とまい子。なんか、鍵谷も経験なし…?な雰囲気がしていて、2巻の終わりから続きがめちゃくちゃ気になります!!前回も思ったけど、まい子が意外と積極的でヒヤヒヤしつつ見てしまう。(笑)鍵谷がまい子の誘いを受け入れるのかどうか、次巻を早く読みたいです!!