1年A組のモンスター

漫画「1年A組のモンスター」2巻のネタバレ!無料で読むには?【自見先生が塩酸ぶっかけられるシーン】

1年A組のモンスター 2巻 ネタバレ

1年A組のモンスターの2巻ネタバレを紹介していきます。

1巻では自見先生の鮮烈なデビューが描かれる巻となりました。1巻で自見先生を陥れようとした桃がクラスの問題児たちの標的になります。

自見先生は桃を救うことができるのか…!?

今回も必見の内容です。

スカッとする内容が好きな人にとっては好きな内容になっていますよ♪

漫画「1年A組のモンスター」2巻のネタバレ!無料で読むには?

季園(すえぞの)学園女子高の1年A組は、次々と先生が退任していく問題のあるクラス。そこに、主人公の自見太郎(じみたろう)が着任します。

生涯童貞・生涯教師であることを恥ずかしげもなく言い放ち、そうかと思えば定時に帰る。

ちょっと変わった教師ですが、問題児達への対応を感情的にならず淡々と、今までの学園モノにはないようなやり口で生徒を改心させていく物語です。

2では、問題児グループの1人である小田真紀が中心に描かれています。

もともと桃も、問題児グループの1でしたが、自見先生に改心させられてことから、仲間たちから嫌がらせをうけるようになります。特に真紀は、モデルとして活躍している桃に対して嫉妬し、桃を貶めようとしていきます。

しかし、桃への執拗な嫌がらせをSNSで暴露され、立場が大きく変わってしまいます。

 

そんな真紀を見かねた問題児たちのリーダー的な存在であるつばきが、桃への脅しに使うため、なんと塩酸を渡します。

 

仲間の目を気にした真紀は、桃を呼び出し、塩酸を片手に言い争いを始めます。

そこへ自見先生がやってきて、間に入りますが、真紀は誤って、その塩酸を自見先生にかけてしまいます。

塩酸がかかった自見先生ですが、希釈され薄まっていたことから大事に至りませんでした。

観念した真紀は、自分は劣等感の塊で桃に対し嫉妬心があったこと、人気者になるために様々な嘘をついてきたことなどを語り始めます。

 

でも生徒のプライベートには全く興味を示さない自見先生は、話も聞かず、来週追試を受けるようにと言って、彼女を突き放しました。

毅然とした態度で男前なところを見せる自見先生ですが、生徒の話は相変わらず聞かないでマイペースを貫きます。

しかしこれでまた1人の問題児が改心させてしまいました。また自見先生の過去も垣間見えてきます。一体どんな過去があったのか、次の展開が楽しみです。

コミック.jpだと2巻が無料で読めるので、よかったらチェックしてみてください。(*^ω^*)

コミック.jp

「1年A組のモンスター」で検索するとヒットします。

30日間は無料なので、この期間に解約すればお金はかかりません♪

無料で1350円のポイントがもらえるので、2巻+1冊分は他にも買えますよ♪

 

※2021年2月時点の情報です。詳しくは公式サイトよりご確認ください!