不死身の特攻兵

漫画「不死身の特攻兵」ネタバレ・あらすじ【涙が止まらない本当にあった物語】

不死身の特攻兵 ネタバレ

どうもこんにちは。在宅ワークのアラサーのおっちゃんです。
ここ最近はこんなご時世なので人との繋がりが欲しくなりますね。(>_<)

不死身の特攻兵」という漫画を後存知ですか?

僕は広告で知ったのですが、胸にくるものがありますね。

まだ読んでいないならまんが王国で3巻まで無料で読めるので、ぜひ読んでみてください。無料会員登録すると読めるようになりますよ♪

>>まんが王国

「不死身の特攻兵」で検索するとヒットします。

 

太平洋戦争で特攻隊として特攻(自分の命と引き換えに敵軍にダメージを与える)を命じられながらも、9度も生還した特攻兵の実話を元にした物語です。

 

太平洋戦についての物語なだけに読んだ後はエネルギーを使います。(;´Д`A

 

「特攻隊」と聞けば森山直太朗さんの「桜」を思い出しますね。僕だけ…?

 

 

この漫画は9度の特攻にも関わらず生還した男の壮絶な人生の物語。1回の特攻で普通は死ぬのに9回も生き残るってどんな運命のイタズラか…

驚くべきは「実話」であるということ!

なるほど、物語にグッとくるものがあるわけです…。

 

僕たちは戦争を知らない年代で、戦争のことにがっつり触れるのは学校の勉強くらい。そんな僕たちの知らない戦争の生々しいリアルを紹介した漫画です。

 

現代は「平和ボケ」した時代だと言われています。実際、今の日本は学校の授業を除けば戦争について触れる機会なんてほとんどありません。

そんな時代だからこそ「戦争のリアル」を、佐々木さん(本作の主人公)の半生を通して改めて考えるきっかけになります。

 

そして絵もうまく綺麗に描かれていおり、さらにこの漫画の作風がより僕たちの想像の及ばない範囲を具現化し鮮明にイメージすることができます。

メンタルくそ弱な僕はなんどもダメージを受けていました。T-T

特攻を言い渡された特攻隊の方々、そしてその家族の苦悩と葛藤を想像するだけで涙が出ます。

読むときは1人の時がおすすめですよ。

 

そして漫画だからこそ登場人物に感情移入しやすいので、好きになった人とたちの生と死に強く心揺さぶられるシーンが多々あります。

具体的なネタバレはできませんが、まんが王国で試し読みできるので、ぜひ自分の目と心で感じとってみてください。

ただ胸糞悪いところもあるので、そういうのが苦手な方にはおすすめできないですので控えた方が良いです。

>>まんが王国

「不死身の特攻兵」と検索すればヒットしますよ。^^

期間限定で1巻が2月18日まで無料キャンペーンやってるので、興味があれば今のうちに読んでみると良いですよ。