adabana 徒花

『adabana 徒花』漫画 上巻(1巻)の無料 ネタバレ!【なぜ少女は親友を殺したのか…?】

adabana 徒花 上巻(1巻)のネタバレと感想を紹介

adabana 徒花上巻1巻ネタバレ感想を紹介します!

彼女の供述は嘘か真実か…?!一気読みしたくなること間違いナシ!!

とある田舎の町で身体を切断された女子高生・五十嵐真子の遺体が発見される。

この事件がニュースで報道され、主人公の女子高生・藍川美月は警察署へ向かう。

自分が五十嵐真子を殺したのだと…。

犯行を供述する美月だが、彼女の言動にはどこか違和感があって…。

※ネタバレを見たくない人は注意してください。

コミック.jpだと上〜中巻(2巻)まで無料体験中にもらえるポイントで全巻無料で読めるので、気になった方はぜひ読んでみてください☆

2冊まで無料で読める♪ /
adabana 徒花を無料で読む  >
30日以内に解約で料金いっさい不要

※5月1日時点の情報です。詳細は公式サイトより確認してください。

『adabana 徒花』漫画 上巻(1巻)のネタバレ!親友同士の誰にも言えない秘密とは…?

殺人の自供

とある田舎の町に暮らす女子高生・藍川美月。朝、身支度を整えて美月が向かった先は警察署…。

そして、同じ学校に通う五十嵐真子を自分が殺したのだと自供します…。

凶器だという包丁も所持していたため警察署内はパニックに。

取り調べが始まり、被害者との関係を問われた美月は、真子はたったひとりの親友だったとこたえるのでした。

早くに母親を亡くしていた真子は生活の為、叔父のラーメン屋で働いていました。

家に居場所が無い美月も、塾の帰りにはラーメン屋へ寄り真子と一緒に帰宅します。

卒業を控えていた二人は、卒業旅行として東京のテーマパークへ行こうと計画していました。

しかし、母親に反対された美月。金銭的に厳しいと考えていると、真子が全額負担すると言い出します。バイトとはいえこんなに稼げるものなのかと美月は不思議に思いますが、後日謎が解けるのです。

ラーメン屋を訪れた美月に、真子の叔父はアルバイトをしないかと持ち掛けます。

そのアルバイトとは、卑猥な動画の撮影でした。

嫌がる美月に叔父は本性を現し、ついには力づくでレイプしようと襲ってきます!!

落ちていた包丁を手に取る美月。覆いかぶさっていた叔父の喉元めがけて包丁を振り下ろします。

真子の殺害の前に、実は真子の叔父も殺害していたことを自供するのでした…。

しょっぱなからものすごい展開!!とにかく叔父さんは自業自得ですね。同情の余地なしです。

美月と真子の誰にも言えない秘密…。

叔父を殺害した現場に真子が現れ、叔父が卑猥な写真を撮っていたことは知っていたと言います。

正当防衛とはいえ人を殺してしまったという美月に、叔父は死んで当然だったと真子が答えます。

そして二人は美月のレイプ動画とともに死体を古井戸へ捨て、このことは二人だけの秘密にしようと約束するのでした…。

美月の供述通りに叔父の死体が発見されます。

拘留された美月のもとへ国選弁護人の辻豊が面会に来ますが、弁護は必要ないと告げる美月。

それでも、真子の叔父・石田辰夫の殺害には情状酌量の余地があるという辻に対して、やりたくない事件の弁護はやっつけで構わないと冷たい笑顔で答えるのでした。

事件の3日後にさかのぼり、

美月は元気のない真子を学校から連れ出し、二人でクレープを食べます。

その様子を真子のストーカーがスマホで撮影していて…。

二人に忍び寄る真子のストーカーとは…。

ストーカーの正体は、真子の元カレ・暁裕樹でした。

裕樹は真子のバイト先であるラーメン屋が臨時休業であることを不審に思っているようでした。

真子の身を守るため、二人はネットカフェに入ります。

美月が帰宅すると、学校をサボったことを母親から叱責されますが意に介していない様子です。

その後も美月と真子は学校をサボり、一緒に過ごします。

しかし犯行から5日目、二人が入っていたネットカフェの個室を何者かが上からスマホで盗撮しています!!

真子を不安にさせないため、何でもないと答える美月。

そして盗撮の犯人は裕樹であると考えた美月は、逆に裕樹を尾行することにします。

裕樹が向かったのは美月の自宅…そして犯行現場であるあのラーメン屋でした。

犯行がバレてしまうのではと考えた美月は、スコップを握りしめ…。

イケメンなのにストーカー、実にもったいない!!

裕樹の思惑とは…?

犯行がバレてしまう前に裕樹を殺そうと考えた美月は、背後から近づきスコップで頭部を殴ることにします。

しかし、タイミング悪く美月の携帯が鳴り、裕樹は美月の存在に気が付きました。

サスペンスあるある、ものすごくいいタイミングで携帯が鳴る!!(笑)

裕樹と対面した美月は、真子が嫌がっているからストーカーはやめてと告げますが、裕樹はそんなつもりはなく真子が事件に巻き込まれていないか心配していただけだと言います。

もし何かあるなら力になりたいのだと…。そんな裕樹の様子に美月は今までの考えを改めます。

辰夫殺しの件を裕樹に話して協力してもらおうと言う美月に、激しく反対する真子。

真子の反対をよそに美月は裕樹に辰夫の殺害を打ち明け、

協力してラーメン屋に忍び込み辰夫のPCに真子の盗撮データが残っていないか確認します。

その様子を外から見つめる真子…。

もしかしてこのことが原因で美月は真子を…?

美月はなぜ真子を殺したのか…。

自首をする前に一目真子に会いたいと考える美月ですが、真子は電話に出ず、学校にも来ていませんでした。

真子の自宅を訪ねると、思いつめた様子の真子が現れます。

どうやら美月が裕樹と共謀し、真子の指紋がついた包丁を警察に届け出て犯人に仕立て上げようとしていると考えていたようでした。

ここまでの経緯を弁護人の辻に語る美月。しかし重要な真子を殺害した場面のみ、

真子がパニックになり、気が付いたら真子が倒れていた、と曖昧な供述をする美月。

ん…?なんだなんだ…。何か怪しいゾ。何か怪しいのは素人でも分かるゾ。

この様子に何かを隠していると考える辻。

そして、同じ事務所の女性弁護士・早見に協力を依頼して…。

美月は誰かを庇っている…?

美月が持参した包丁について警察署の会見が開かれ、この包丁で辰夫を殺害したことは間違いないが真子の血液は不検出であったことが発表されました。

会見の場で真子のストーカー被害について質問する新聞記者。

しかし警察はストーカー被害とこの事件は無関係であると言います。

この新聞記者は辻と知り合いのようで、

会見の後、事件について二人で考察をしています。

その頃、美月の接見をしている早見。

美月は裕樹と一緒にラーメン屋を調べに訪れたその帰りにそのまま裕樹の部屋に寄った、と供述します。

裕樹が美月に自首を勧めてきたかを早見が尋ねると、美月が自首したら真子が悲しむだろうと言っていたと答えます。

裕樹が真子に執着していたことは間違いないと早見は考えます。

そして早見は、真子が裕樹からどんな嫌がらせを受けていたのか聞いたことはないかと確認しますが、

このやり取りで、美月が裕樹に惚れていると確信しました。

接見の報告を行う早見。しかし辻は三角関係のもつれが原因という早見の見解に疑問を呈します。誰かを庇っている可能性がある、と…。

そして二人はある場所へと向かうのでした…。

『adabana 徒花』漫画 上巻の感想!

読み始めて一気に読了してしまいました!!最初は友達殺しのサイコパス女子高生殺人鬼かと思いきや…何というか…人情系サスペンス!!

殺してしまったことは確かに悪いけど、ラーメン屋の叔父さん殺しについては情状酌量大アリです。もう無罪でいいと思う。(それはダメか)

本当に美月は殺人を犯したのか??

いや、してないでほしい!! 何かの事故であってほしい!!

まだ謎が多すぎてとにかく続きが気になります!!

あと、絵がすごく綺麗なのでめちゃくちゃ感情移入できるのもポイントです!!

 

コミック.jpだと上〜中巻(2巻)まで無料体験中にもらえるポイントで全巻無料で読めるので、絵付きで読みたい!気になった方はぜひ読んでみてください☆画力も高いので絵で見た方が良いですよ♪

2冊まで無料で読める♪ /
adabana 徒花を無料で読む  >
30日以内に解約で料金いっさい不要

※5月1日時点の情報です。詳細は公式サイトより確認してください。

「あだばな」や「徒花」と検索すると出てきます。

コミック.jpは無料お試し体験中にもらえる1,350Pで漫画を実質無料で購入することができます。

ただ6月1日以降は1,350→675Pにダウンするので、気になっている方はこの機に読んでみてください♪

30日以降は1,100円(税込)ですが、毎月1,350Pもらえるので損することはないですね。さらに購入分が10%還元されるので、10冊買えば1冊分が無料で読める計算になるのでかなりお得ですよ。^^

※5月1日時点の情報です。詳細は公式サイトより確認してください。